アルティメットとは

2019.03.12

アルティメットとは

こんにちは 

院長の古知屋です。

皆さん、アルティメットってご存知ですか?

患者さんでやっている方がいたので興味があり調べて見ました。

 

アルティメットは、フライングディスクという中の一つです。

 

フライングディスクとは、1940年代に、アメリカ合衆国コネチカット州にあるエール大学の学生が、キャンパス近くの「フリスビー・パイ」というパイ屋のパイ皿を投げて遊んだことが起源とされています。

初期の頃は玩具として使用されましたが、優れた飛行特性を活かした11種目が生み出され、プラスティック製ディスクと11種目を総称する一般名称「フライングディスク」が1984年に制定された。

12種目(世界公認11種目 + 日本公認1種目)

 

詳しくは→https://www.jfda.or.jp/introduction/

 

アルティメットの意味は、「最後の、究極の、最高の」

語源はラテン語の「最後の」という意味の言葉。
それを過去形にして「終わりに達した」という意味にした言葉です。

 

アルティメットは、

バスケットボールアメリカンフットボールを合わせた様な競技で、フライングディスク(いわゆるフリスビー)を用いる。100m×37mのコートで争われ、コートの両端から18m以内はエンドゾーンと呼ばれる。7人ずつ敵、味方に分かれて一枚のディスクを投げ、パスをつないでエンドゾーンを目指す。エンドゾーン内でディスクをキャッチすれば得点が記録される。

 

フラインディスク(いわゆるフリスビー

 

 

詳しくはhttps://www.jfda.or.jp/introduction/ultimate/

 

まだ、認知度が低いみたいですが2020年東京五輪追加競技入りを目指した26競技の中に名を連ねた。1次選考で落選したものの、五輪競技になるためのスタートラインに立ちました。

2024年五輪に向けて活動していくという事なので応援して行きたいです。

 

そして、当院にも色んなスポーツの方をされている患者さんがいらっしゃいます。

私達も患者さんがパフォーマンスを向上出来るように競技の特性を知り、それに適した治療していきたいと思います。

 

何かあればご相談下さい。

 



院長 古知屋 悠二