クーラー病に要注意!!

2018.07.05

クーラー病に要注意!!

こんにちは!

初投稿の副院長の中森です!(^o^)

 

 

まだ7月も始まったばかりなのに

ものすごく暑いですね!

 

 

気温も30度を超えてくると冷房をつけて

キンキンに家の中を冷やしたくなりませんか?

 

 

冷たい飲み物も飲みたくなりますよね(^o^)

 

 

そこで、皆さんに質問があるのですが

 

 

 

クーラー病 をご存知ですか?

 

クーラーは暑い夏を迎えるにあたって、

日本人にとっては欠かせない物となっています!

 

夏は脱水症状熱中症だけでなく、

 

このクーラー病に要注意です!!

 

 

 

 

 

クーラー病とは??


 

 

人間は自律神経によって体温を調整しています。

例えば、寒いときは身体を温めたり暑いときは身体を冷やしたりします。

しかし、暑い時期にクーラーをガンガンにつけてしまうと、

屋外との気温差が激しくなり、体温調整が間に合わなくなります

その結果、自律神経が乱れてしまい、血行不良むくみ頭痛などの

症状が出てきます。

これがクーラー病の一連の流れです。

 

 

クーラー病の対策法とは?


 

 

クーラー病は温度差が5度以上あると自律神経が乱れやすくなります。

そのため、大事になってくることは、

 

・冷房の温度を27度以上に設定すること

冷たいものを過剰に摂取しないこと

体を温めること

3食しっかり食べること

 

です。

 

夏は寒すぎず、暑すぎずの環境が大切になってきます。

どうしても寒い環境にいなきゃいけない場合は

カーディガンを羽織ったり温かい飲み物を飲んだりしましょう!

 

 

 



副院長 中森 雄太